HOME» 部活ねっと» 地理歴史研究部» 2013年 地歴研究部 活動報告

地理歴史研究部


2013年 地歴研究部 活動報告

部員は高2から中2までの16名ですが、楽しく活動しています。本年度は『地震』をテーマに、資料の収集と関係箇所の現地調査を行いました。部会は毎週水曜日の放課後。最近はコンピュータ室でネット検索しながら話し合いや作業をすることが多くなっています。加えて月1回のペースで宿泊なしのフィールドワークを繰り返しています。
この1年間に出かけたところは、人と防災未来センターと長田(神戸)、津波高潮ステーションと大正橋の津波記録碑(大阪市)、生駒断層帯と飯盛山城(四条畷・枚方)、稲むらの火の館と広村堤防(和歌山県湯浅)、有馬高槻断層帯と今城塚古墳(茨木・高槻)、四天王寺と舎利寺の慰霊碑(大阪市)、上町断層と阿倍野防災センター(堺・大阪市)などです。他にも司馬遼太郎記念館や住吉大社も訪問し、幅広い関心を持って行動しています。
それらの結果は、SFで展示し、冊子にまとめて発表します。是非ご来館下さい。お待ちしております。  (顧問)

2013/09/19