HOME» 同窓生ねっと» 都市環境部会» 【都市環境部会】南部学舎・周辺地域視察ツアー

都市環境部会


【都市環境部会】南部学舎・周辺地域視察ツアー

8月3日(日)都市環境部会メンバーを中心とした22名により、南部学舎を視察してきました。
 
当日早朝、学院に集合し、観光バスにて南部学舎に向け出発。バス内においては、『南部町ハザードマップ』に基づき、南部学舎の位置関係を改めて確認するとともに、南海トラフ大地震発生時の危険性についても十分理解を深めました。
 
当日は、あいにくの雨模様ではありましたが、到着早々、学舎の状況を全館くまなく視察。教室や寝室、食堂、浴室等はもちろんのこと、学生当時は入ることがなかった(許されなかった)神父さんや先生方の宿泊部屋等まで視察させていただき、参加者各人が、学生当時を思い思いに懐かしみつつ、学舎の現況を確認致しました(南部学舎建設前に卒業された大先輩につきましては、部会で頻繁に話題にのぼる南部学舎を初めて視察いただきました)。
 
また、懸念される津波発生時の避難路についても、隣接する南部ロイヤルホテルまで確保されていること等についても確認致しました(悪天候により、数名が徒歩にて確認)。
 
築40年を超え、老朽化が進んだ感は否めないものの、現在も現役学生達の合宿拠点として、夏・冬休みを中心に稼働し続ける南部学舎が、今後も十分に使用可能であることを確認する反面、将来的な建替を視野に入れる中、学舎周辺の位置関係等についても十分に理解を深めることができ、有意義な日帰り視察旅行となりました。
 
従来から、都市環境部会としましては、南部学舎の建替について、学院に対し有意義な提言を行うべく議論を深めているところですが、今回の南部学舎視察を機に、更なる議論を重ねてまいりたいと考えております。
 
最後になりますが、昼食は、南部駅前にて料亭(更科食堂)を営む主事の息子さんにより魚料理をふるまっていただきました。特に鱧鍋は絶品で、参加者一同、十分に堪能したことを付け加えておきます。南部方面にお越しの際は、是非ともお立ち寄りください。


2014/08/03