HOME» 同窓会本部» 同窓会事業» 【ご案内】名簿管理の高度化・合理化への取組みについて

同窓会事業


【ご案内】名簿管理の高度化・合理化への取組みについて

【ご案内】名簿管理の高度化・合理化への取組みについて

大阪星光学院同窓会では、本年1月より「名簿管理の高度化・合理化への取組み」を進めて参りました。会員の個人情報は極めて重要であり、これまでも細心の注意をもって取扱ってきましたが、同窓会活動の活発化・各支部組織の設立にともない、「複数管理の弊害」「セキュリティ面での負担増加」「データの未活用」「事務局の負担偏重」など、課題が顕在化してきました。
そこで同窓会で東西名簿PT(Project Team)を組成し、「一元管理」「セキュリティ強化」「活用推進」「省力化」の4つを目指すことを主眼に、何度も課題整理・東西協議を繰り返してまいりました。協議内容については、こちらからご参照ください( 資料4頁 https://drive.google.com/open?id=0B6kRWdnDytQoSlpJTGNPSExPOGM )。
その結果、信頼できる名簿業者に外部委託することを決議し、今般、株式会社 サラトという同窓会支援業者をパートナーとして選定いたしました。当社は、1600校/2200万名超の実績、東西に営業拠点をもつ、業歴40年を超える名簿業者です( http://www.salat.co.jp/ )。
近く東京にて契約を締結し、まずは名簿データベースの統合(一元管理)から試行取組を行って参ります。無論、「プライバシー・マーク取得業者」(JIPDEC認定 http://privacymark.jp/privacy_mark/about/outline_and_purpose.html ) であり、情報管理も適切な企業と認められます。
同窓会においても引続き会員情報については、プライバシーポリシー( http://www.osakaseiko-ob.org/file/3/privacy.pdf )に基づき会員情報を重要かつ貴重な情報として取り扱ってまいります。開示したくない項目もあるという会員希望への配慮も丁寧におこなっていきたいと考えております。

最後になりますが、同窓会会員みなさまのご意見も採り入れて、さらなる「名簿管理の高度化・合理化への取組み」を進めていきたいと考えています。どうぞご理解とご支援をお願い申し上げます。

平成28年7月27日

大阪星光学院同窓会 会長 吉田 博史
名簿PT 兼 副会長 橋口 弘次
同   兼 副会長 谷口 浩一(東京星光会会長)

照会先=http://www.osakaseiko-ob.org/inquiry.php

2016/07/28