HOME» 部活ねっと» ボランティア部» 2016年8月熊本ボランティア後班(H1山添)

ボランティア部


2016年8月熊本ボランティア後班(H1山添)

熊本ボランティア活動を終えて

大阪星光学院高等学校 高1 山添真也

 僕は、熊本での活動を終えて、普段自分がテレビなどのメディアで見ていた写真とは、全く異なった光景を目の当たりにし、自分の足で熊本に行き、自分の体で作業することの大切さを初めて知った。いつもは募金活動などをしているが、募金で集まったお金はただ送られるだけで、そのお金が具体的に何に使われるのか、などは全く知らなかったし、知ろうとも思わなかったが、活動を通じて、全国から届けられた物資を配ったりしているうちに、受け取る側の気持ちを考えるようになっていった。こんな風に、4日間を通して、見て思ったこと、被災した方の体験談を聞いて思ったことや、作業して感じたことがたくさんあった。1日ずつ書いていく。

1日目

 大阪から飛行機で1時間弱飛んで、熊本空港に着いてからはタクシーで、今回お世話になった、カリタス福岡・熊本支援センターへと行った。その後、タクシーで、南阿蘇村までまわりながらいった。途中で、1階部分が崩れたアパートを見つけた。それだけで普段見慣れない光景に見入った。また、南阿蘇村の大きな橋の真ん中が途切れていたのだ。唖然とした。テレビのニュースなどで流される映像のものと、まさに次元が違って見えた。そこから少し山側へ行くと、いくつもの自動車が、車体ごとペシャンコになっていた。そのすぐ横に、住宅街があったが、人はおらず、どの家にも赤い紙が貼られてあった。その紙には、"応急危険度判定結果 危険 UNSAFE"と書いてあった。確かに住めるような状態でなかった。その光景は、特撮ドラマのセットのようだった。頑丈なはずの家や車が、なす術なく潰れる程の力が自然災害にあるのか、と思うと、いったいどうすればヒトはこの強大な力に対抗できるのか、そもそも可能なのか、とさえ感じた。

カリタスに戻って、そこで、分かち合いといって、一日の振り返りを一人ずつ言っていく、という、カリタスさんが毎日していることに初めて参加した。そこで、自分が今日熊本に来て思ったことを言った。カリタスに来ている方のなかには地元の方もいたので、変な風に捉えられないか、が心配だったが、上手くいった。 

2日目

 活動初日、全国から届けられた食器を種類ごとに分ける作業をした。僕たちカリタスの他に、山口県防府市(土砂災害があったところ)のボランティア団体と、東洋大学のボランティアチームと一緒にしたので、総勢29名、とかなり大掛かりな作業になった。単純な作業だが、気の遠くなるようなもので、段ボール箱に詰めるときに数え間違えたりと、作業は想像以上に苦労した。午後に入り、終わりが見えてきたときに、一枚の手紙を見つけた。タイトルは"熊本の皆様へ"というもので、熊本の方への心配を言葉に表していた。日本には熊本地震に想いを寄せている人がまだたくさんいることを改めて実感した。昼休みのときに、防府市のウエダさんが、"ありがたいの反対は何か"と言い、答えは、"当たり前"だった。僕たちが普段暮らしていて、当たり前だ、と思っていたことも、何か非常事態のときは、ありがたい、のだ。 

出来たばかりの仮設住宅

3日目

 この日、益城町の町営体育館での作業だったが、天井が剥がれていて、玄関には赤い紙が貼られてあったので、とても心配だった。そこで、服の仕分けをした。そのときに、量が多いとどうしても雑に扱ってしまうが、ある女性が、"受け取る側の気持ちを考えて"とおっしゃって、まさにその通りだった。作業に夢中で忘れていたが、これは、ひとに届けるものなんだ、と。それからは、丁寧にするようにした。午後は、仮設住宅へ行き、日用品(布団など)を一件ずつ回った。作業はすぐ終わったが、終わった後に、職員さんが"今、まだ出来てない仮設住宅が271件あり、それを含めると、1559件の仮設住宅が出来るのだが、それでもまだ足りるか分からないらしい。自分がそれをどうにも変えられないのが、悔しかった。

夜は、小学校の先生で、震災に実際にあった、倉岡さんのお話を聞くことができた。震災のときの児童の様子や、1か月間学校に行けず、他県より勉強が遅れていることも教えてもらった。分かれ際に、1か月休んでた分をどう埋めるんですか、と聞いたところ、普段の授業数を増やしてどうにかするらしい。児童も、やはり大変なんだなあ。 

4日目

 最終日、土砂災害で、家のすぐ隣が崩れ、土砂がたくさん入った一人暮らしのおばあちゃんの家の側溝をつくる、という作業をした。そのときに、たまたま集積所に行く機会がありトラックの隣に乗せてもらった。実際に行ってみると木材のゴミがたくさんあって復興までこれからだなぁと思った。

2016/09/20